2017.2/15更新
〒507-0801岐阜県多治見市東町1-9-27 (多治見市美濃焼ミュージアム内) Tel.0572-25-5551 日・月曜日定休  




1/16
「第43回美濃陶芸展」の要領が決まりました。
公募期間=平成29年4月10日(月)~4月20日(木)
展覧会=平成29年5月3日(水)〜5月6日(土)
くわしくは下記イベント情報をご覧下さい。
1/9 訃報青山禮三(アオヤマレイゾウ)功労会員が、平成29年1月9日(月)に逝去されました。享年98歳。
謹んでお悔やみを申し上げます。
略歴等、くわしくはこちら
10/30 ●「第6回美濃大茶会」は、平成28年10月30日(日) に開催され、盛況裏に終了しました。多くの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。
くわしくはこちら
5/24 ●「第22回美濃茶盌展」が終了いたしました。
多治見展、名古屋展とも多くのお客様にご高覧頂きまして、誠にありがとうございました。

この記録は美濃陶芸協会アーカイブに保存しました。
5/19

●公益社団法人美濃陶芸協会は、このたび「第2回美濃陶磁育成・智子賞」に、阪口浩史氏(さかぐちひろし・多治見市)を選定いたしました。くわしくはこちら

4/6 ●公益社団法人美濃陶芸協会は、このたび「第34回卓男賞」に、酒井玲子氏(さかいれいこ・岐阜県土岐市)を選定いたしました。 くわしくはこちら
2013
1/26

■「社団法人美濃陶芸協会」は公益社団法人化に伴い、「公益社団法人美濃陶芸協会」と名称を変更いたしました。省略形は「(公社)美濃陶芸協会」となります。今後ともよろしくお願い申し上げます。くわしくはこちら





第42回美濃陶芸展 (2015) 入賞作品

(公社)美濃陶芸協会が主催・共催する「美濃陶芸展」と「美濃茶盌展」は、毎年5月初旬、交互に隔年開催とし、展覧会場も「セラミックパークMINO」に統一となっております。
次回は、「第43回美濃陶芸展」(2017)となります。

会期

平成29年5月3日(水)〜5月6日(土) 10:00~17:00
(初日は11:00開始・最終日は16:00終了)

会場 セラミックパークMINO 国際会議場
主催 公益社団法人美濃陶芸協会 / 中日新聞社
公募期間 平成29年4月10日(月) ~ 4月20日(木)
★ 美濃陶芸大賞 1点 (賞金50万円)
  (大賞作品は、賞金をもって東濃信用金庫買い上げ)
★ 中日陶芸賞 1点 (賞金20万円)
★ 中日奨励賞 5点
詳細 開催要項はこちら
公募要項はこちら
公募要項
PDF
PDFダウンロード ➡「第43回美濃陶芸展公募要項
お問い合わせ

●美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551





詳細がわかり次第リンクします 
 高田焼祭 平成29年4月初旬頃
 たじみ陶器まつり 平成29年4月中旬頃
 多治見クリエーターズ・マーケット 平成29年4月中旬頃
 市之倉陶祖祭 平成29年4月中旬頃
 かさはら陶器まつり 平成29年4月中旬頃 
 TOKI-陶器祭り 平成29年4月下旬頃 
 土岐美濃焼まつり 平成29年5月初旬頃
 春の美濃焼伝統工芸品まつり 平成29年5月初旬頃
 だち窯やまつり 平成29年5月初旬頃

日本を代表する陶産地‘美濃’で開催されるトリエンナーレ(3年に一度開かれる国際美術展覧会)です。国際規模の陶磁器コンペティション「国際陶磁器展美濃」を中心に、陶磁器の産業と文化に寄与する様々な事業が展開される世界最大級の陶磁器の祭典です。
会期 平成29年9月15日(金)〜10月22日(日)
会場 セラミックパークMINO、多治見市、土岐市、瑞浪市
詳細 くわしくはこちら

公募展の仕組み変更 NEW
智子賞を新設

公益社団法人への移行
協会設立50周年にあたって

第6回美濃大茶会 NEW
第22回美濃茶盌展
平成28年卓男賞、智子賞

第5回美濃大茶会
第42回美濃陶芸展

平成27年卓男賞、智子賞
第21回庄六賞茶盌展
第4回美濃大茶会
第41回美濃陶芸展

平成26年卓男賞・桔梗賞

第20回庄六賞茶盌展
第3回美濃大茶会
第40回美濃陶芸展
平成25年卓男賞・桔梗賞
美濃陶芸のプロローグ
パネルディス…「文化の伝承」

協会設立50周年記念式典
第19回庄六賞茶盌展
第2回美濃大茶会

第39回美濃陶芸展
第18回庄六賞茶陶展

林 恭助会長就任あいさつ
東日本大震災チャリティ陶芸展
加藤孝造名誉顧問、人間国宝に
JR多治見駅陶壁完成

●先日、岐阜県郡上市八幡町へ行った帰り、同じ郡上市の大和町にある「道の駅・古今伝授(こきんでんじゅ)の里やまと」へ立ち寄りました。「古今伝授」とは、室町時代中期にこの郡上地方を支配していた武将で歌人の「東常縁(とうのつねより・1401~1484)」が伝えた、「古今和歌集」の秘伝のことです。この道の駅の近くに、東氏の居城だった篠脇(しのわき)城址があります。「古今和歌集」は、平安中期の905年、醍醐天皇の勅命により、紀貫之(きのつらゆき)ら4人の選者によって編纂された、我が国初の勅撰(天皇の命による)和歌集で、1,111首収められています。「古今伝授」の秘伝は、歌学を家職とする公家「二条家」から東常縁へ、常縁から連歌師・宗祇(そうぎ)に伝えられ、以降、特別に選ばれた人のみに伝授されて来たもので、それは成立当時の和歌の解釈を正しく伝えるためのもの、とされて来ました。しかし、どうやらそれだけでは無く、日本の大いなる秘密を伝える内容が隠されているのではないか、と云う説があります。戦国末期、古今伝授を受け継いだ丹後・田辺城主の「細川幽斉(ゆうさい)」が、「関ヶ原の戦い」の直前に石田三成軍に攻め込まれて落城寸前となった時、後陽成天皇が「幽斉討ち死にせば、本朝の奥義永く途絶えて、神国もむなしかるべし」との勅命を出して和議を求め、命を永らえたとされるほどです。「古今伝授」が、「本朝(日本)の奥義」、つまり天皇家ないし日本国の成り立ちの秘密を伝えるものとされる由縁です。それは一体どんな秘密なのでしょうか。邪馬台国の女王・卑弥呼の正体でしょうか。あるいは、日本人は古代ユダヤ人の末裔であったと云うのでしょうか。それは、おそらく天皇家と現代の「古今伝授」者以外にはわかりません。この説を一笑に付すのは簡単ですが、日本にはまだまだ不思議な話がありますね。(2/15)



URLを送信する

大きな地図で見る

著作権 / 免責事項
 
 
お問い合わせは、 公益社団法人美濃陶芸協会事務局 Tel.0572-25-5551 Fax.0572-25-5879 Email